Hiker Club Koguma Group | こぐまグループは東京の山岳会です。

お知らせ

会員募集中です。お問い合わせはこちらから。
山と渓谷誌(2021年4月号、5月号)、ヤマケイオンラインに募集広告を掲載しました。
緊急事態宣言(2021.7.12~2021.9.30)が解除されるまで、当会の集会および山行を中止します。7月集会(7/31)、8月集会(9/4に変更)は中止、9月集会(9/25)は10/2に変更になりました。(2021.9.12)

2021/07/31 奥多摩 シダクラ沢(個人山行)

■山行日 2021年7月31日(土)朝発 
■天候 晴れ ■メンバー 3名 
■コースタイム 
奥多摩駅9:30=惣岳バス停9:45-シダクラ沢出合10:00-二俣12:35-登山道14:20-奥多摩ダム16:10 

大岩の滝

■山行報告(リーダー T) 
 今回も沢久しぶりのMさん、T(S)君と3人で沢に来た。前回の苦労を考え、総合的に最も無難なシダクラ沢になった。過去の記憶では全滝階段状、ノーザイルで登れ、詰めも楽勝のはず。(30年前の記憶)

 出合で準備をするが目の前に登れそうにない滝が見える。いやな予感。ここは右に立派な巻き道があった。暫くいくと8mくらいの滝があり滑りやすそうなのでザイルを出す。その後も特に難所は無いが適当に滝もありなかなか楽しい。また、日の光と苔が美しい。

 遡行図で大岩の滝を過ぎたところで右俣に入る。左俣が沢床も低く本流と思えたが右俣の方が詰めが良いとするガイドがあったのでそちらに入った。そこからの詰めも苔が美しかったが傾斜もありかなり長くかかった。無事登山道に出たので良かったが以前の記憶とはだいぶ違うものになってしまった。まあ詰めの訓練にはなったかな。登山道で靴を履き替え奥多摩ダムに降りた。

 前回の沢ではカメラが重かったので今回はiPhoneで撮ることにした。これが結構きれいで手振れもなく今までのカメラは何だったのか? 見たまま普通に写る、解像度も高く軽い、広角で防水と十分だ。

 秋には東北の癒し系沢に行けないかな。コロナには早く収まってもらいたい。