Hiker Club Koguma Group | こぐまグループは東京の山岳会です。

お知らせ

会員募集中です。お問い合わせはこちらから。
山と渓谷誌(2021年4月号、5月号)、ヤマケイオンラインに募集広告を掲載しました。
緊急事態宣言(2021.7.12~2021.9.30)が解除されるまで、当会の集会および山行を中止します。7月集会(7/31)、8月集会(9/4に変更)は中止、9月集会(9/25)は10/2に変更になりました。(2021.9.12)

2021/07/24 浅間 湯ノ丸山・烏帽子岳(個人山行)

■山行日 2021年7月24日(土)前夜発 
■天候 晴れ後曇り 昼頃雷雨 ■メンバー 2名 

烏帽子岳

■山行報告(リーダー O) 
 カミさんの新しい靴の履きならしのための山行。朝の涼しいうちに歩いてさっさと帰って来ようと、朝発でもよい山だが夜行にする。涼しく眠れた。私にとっても家族にとっても馴染みの山。何回来たことか!

 スキー場の真ん中から登る。早速、オダマキやアサマフウロが迎えてくれる。湯ノ丸山の山頂で佐久のHさんにメールする。よい天気だ。

 この時季花は烏帽子岳の方が良い。カワラナデシコ、イブキジャコウソウ、シモツケなどなど、ガレ場にはコマクサも! 山頂でコーヒーをいただいているうちにどんどん雲が上がって来る。さっさと下ろう。

イブキジャコウソウ
コマクサ

 新しい靴は調子よさそう。山行中すれ違う人はほんの少し。しかし下り着いた湯ノ丸キャンプ場には沢山のテント。ここがこんなににぎわっているのは初めて見る。これだけ涼しいキャンプ場はそうはないからね。

 車に戻って走り出した途端、すごい雷雨が来た。キャンプ場でのんびり撤収作業していた人たちはどうしたろうと思いながら帰ってきた。こんなに早く下山したら、本来ならHさんの所へ顔を出したいところだが、このコロナ騒ぎの中、寄ることにはためらいがある。そこはがまんが大事。SAも混雑していて飯を食う気にならない。家に帰ってから(13時頃)昼にした。