Hiker Club Koguma Group | こぐまグループは東京の山岳会です。

お知らせ

会員募集中です。お問い合わせはこちらから。
山と渓谷誌、ヤマケイ オンラインに会員募集広告を掲載しています。
緊急事態宣言(2021.4.25~2021.6.20)が解除されるまで、当会の集会および山行を中止します。4月集会(4/25)、5月集会(5/29)は中止になりました。(2021.6.1)

2021/05/20 日光 半月山(個人山行)

■山行日 2021年5月20日(木)朝発 
■天候 晴れ時々曇り ■メンバー 1名 
■コースタイム 
(行き)自宅3:50-東武合戦場駅5:09-東武日光駅6:15-明智平7:30-中禅寺湖畔8:40-半月山駐車場9:00-半月山10:30
(帰り)半月山11:25-半月山駐車場12:05-中禅寺湖12:40-東武日光駅13:20-東武合戦場駅15:22~自宅16:40

雲海に浮かぶ筑波山(明智平より)

■山行報告(リーダー I) 
 早朝日光駅では曇り空から青空が見えてきた。明智平で途中下車して、雲海に浮かぶ筑波山を望遠レンズで捕える。東北には男体山から女峰山の山稜、新緑の季節が輝いていた。中禅寺湖の滝を売店の横からツツジを入れて撮影する。

 一番バスで半月山に行く途中、2、3歳の熊と車中からご対面、その距離約30m。写真を撮る。

 終点の駐車場では大絶景が待っていた。少し登った所から400mmのレンズで山波と雲海に浮かぶ富士山を捕える。登るにつれてアカヤシオツツジの花が咲いていて何回も立ち止まり、撮影三昧である。

富士山(半月山駐車場付近より)

 半月山までの歩程時間を3倍かけて登る(社山のコースをカットした)。展望台で約一時間ゆっくり、左から富士山、皇海山、奥白根山、手前には社山、その隣は大きく迫る男体山、雲海に浮かぶ鶏頂山など、展望一人占め。天気も予想通り晴れ間があり、最高の撮影日和になった。

 今回は久しぶりの重装備(約20kg)で少し疲れたが、時間をかけて撮影できた。電車、バス、撮影地も人出が少なく安心した。前回中禅寺湖畔をゆっくり散歩しながら、撮影の時も何か所か撮影場所を発見、楽しい一日が過ごせた。昨年滝雲を入梅時期に撮影できなかったので、今年もチャレンジしたいと思っています。帰り道雨に降られてしまったが、最高の一日がそこに待っていた。