Hiker Club Koguma Group | こぐまグループは東京の山岳会です。

お知らせ

会員募集中です。お問い合わせはこちらから。
山と渓谷誌(2022年4月号、7月号)、ヤマケイオンラインに募集広告を掲載しました。

2020/02/08 鍋割山

■山行日 2020年2月8日(土)朝発  ※丹沢山(みやま山荘泊まり)から変更 
■天候 晴れ ■メンバー  5名
■コースタイム (集合 渋沢駅8:10 8:20発大倉行バス乗車) 渋沢駅=大倉8:45-10:30駒止茶屋10:45-12:20花立山荘12:30-金冷シ12:50 -13.40鍋割山14:15-14:55後沢乗越14:05-二股15:45-大倉17:00=渋沢

■山行報告(リーダー K)
 小屋泊まりで 大倉尾根~丹沢山・蛭ヶ岳の計画でしたが、春節後の新型肺炎の広がり方が不明の状況のため、小屋の予約を直前にならないうちにキャンセルし、代わりに日帰りで大倉尾根~鍋割山を歩いてきました。

 大倉尾根(大倉~金冷シ):
  小田急線から見る丹沢は全然雪がなかった。「春一番が来る前に」雪の丹沢を楽しもうとこの時期に計画したが、暖かい日が続いて1月後半に降った雪は残っていなかった。大倉尾根はカラッとしてぬかるみもなく、春のような暖かさの中、一歩一歩高度を稼ぐ。振り返ると相模湾が広がり、表尾根と鍋割山の高さに次第に近づいてくる。しっかり3時間登るのでいいトレーニングになった。

金冷シから鍋割山稜:
 登山道と北斜面に少し雪が残っていて、ぬかるみの道になったり雪の上を歩いたりで、期待した雪景色ではないが冬のブナの林の雰囲気を少しだけ味わった。鍋割山でお湯を沸かしてゆっくりコーヒータイムを楽しんだ。後沢乗越からの下山コースは台風で沢沿いの道が荒れた跡があったがよく整備されていた。二股から長い林道を歩いて5時頃大倉に着き、ちょうどいいタイミングでバスに乗れた。渋沢駅前で皆で一杯。よく歩いたのでビールが旨かった。